マクロセットのダウンロード

※ マクロセットのデータは圧縮ファイルになっています。解凍ソフトが必要な場合はこちらから。

AutoCADへの読み込み方

解凍後のファイルの置き場所

 ダウンロード後、解凍したフォルダを開くと、↑このように中なフォルダが入っていますので、このうち、「cadmain.CUI」と「cadmain」という名前のフォルダをどこか適当なところへコピーします。
 コピー場所はCドライブ内のお好きなところでいいんですが、私は一応、 AutoCADのサポートファイルが入っているところへ置いています。


AutoCADのインターフェイスをダウンロードしたマクロセットに変える。

 AutoCADのインターフェイスはメニューファイル(2006からは拡張子は.cui)というものに記録されています。これを立ち上げの度に読み込んで、アイコンやツールバーを所定の位置に表示する仕組みになっています。

 通常は立ち上げ時に自動で読み込まれるメニューファイルですが、AutoCADを立ち上げ後でもコマンドを使って無理やり、別のメニューファイルを再読込みさせることができます。この機能(コマンド)をメニューロードと言いますが、一度読み込んだら、もう一度、同じ手順を踏まない限り、次の立ち上げ時にもそれが適応されるので、毎回、メニューロードする必要はありません。

※メニューロードについて詳しくは当サイトの本文中にも記述があります。


メニューロードを使ってダウンロードしたマクロセットをAutoCADに適用する。

 まずはAutoCADを立ち上げ、コマンドラインから「menuload」→Enterです。
 すると、←このようなボックスが開きますので、まず「ロード解除」、次に「参照」をクリックして下さい。

 「ファイル選択」のボックスが開くので、先ほど保存した「cadmain.CUI」を選択し、「開く」をクリックします。

 ファイル名が間違いことを確認し、「ロード」をクリックします。

 ロードすると、AutoCAD上のインターフェイスが変わりますので、後はボタンをクリックし、メニューロードは終わります。


さてここで、↑上図のようにツールバーが浮いていたり、なくてもいいツールバーがそのままだったりする場合には・・・

 ツールバーが置いてあるところの、どこか空いているスペース上で「右クリック」し、→「位置をロック」→「ドッキング ツールバー」のチェックをはずせば、ツールバーの位置を自由に動かせますので、好きな位置に配置して下さい (浮動ツールバーの位置が固定されて動かない時も、ここで「浮動ツールバー」のチェックをはずせばOKです)。

なくてもいいツールバーが出ていたり、逆にあって欲しいツールバーが出ていなかったりする場合には、「ACLT」から調整できます。

←「ACLT」を開いた状態です。この通りにチェックをつけて使ってみて下さい。(後は使い勝手でお好きにカスタマイズして下さい。)

元に戻したい場合には?

もう一度、メニューロードをし、aclt.CUIをロードして下さい。これでcadmain.CUIをロードする前の状態に戻ります。aclt.CUIの在り処についてはAutoCADのサポートファイルの位置を参照

ただし、ご自分でaclt.CUI以外のメニューファイルをカスタマイズしてお使いになられていた場合には、そのファイルを選択しないと元に戻りません。

ここで言う「元に戻る」とはあくまで「cadmain.CUIをロードする直前の状態」に戻る、ということであって、インストール時の状態まで戻る訳ではありません。このへんの詳しいことは当サイトの関連ページをご覧下さい。

AutoCADLT2006用マクロセット