マクロとは何か?ごく基本など・・・

 まず、マクロをボタン(アイコン)に仕込む方法自体は

←2005以下ならここでやります。
(詳しくはこちら

    

 2006でのやり方も別に説明したページがあるんですが、せっかくですので、マクロを作るついでにここでも一緒にやっていきましょう。

    

 で、2005以下の方のマクロ設定方法のページで詳しく説明していますが、そもそも”マクロとは何か?”というと、ユーザーの側からAutoCADに「こうやって」という指示を書いたもの・・・具体的には、”回転を常にコピーモード”にする、とか、”オフセットを連続にする”とか、そういう「今あるコマンドの機能に、ちょこっと便利な機能を足すもの」です。ごく簡単に言えば。

 しかし、AutoCADは日本語を理解しないので、指示はマクロ用の記号や、DIESEL関数というものを使って書かなければなりません。さらに、フツーに使っていて絶対に使わない”コマンド正式名”を組み込まなければ、上手く動いてくれないことも多いです。

 なので、シロウトにとっては”中味”を見ても、さっぱり分からない、”記号”や”DIESEL関数”の一覧表と照らし合わせたところで、やっぱり「?なんで??なんでそうなるの??」と「?」だらけになってしまうマクロ。でも、組める、までいかなくても、自分で既製のものを、ちょっといじれると便利ですよね。

 そこで、ここではいずみさん(掲示板でもたまにレスして下さっている方です。感謝)が私に下さった、ご本人作成のマクロ入門マニュアルを元に、私が加筆、修正したものをUPしてみます。
 とにかく、その、いずみさんの元マニュアルがわかりやすかった!んです。ほんっとーにマクロ超ド素人の私でも分かったので、多分、皆様にもお分かり頂けるものと思います。いずみさんには許可を頂けて、重ねて感謝しております。
 .....と、言うことで、元案は私ではないですので・・・説明を書けるからと言って、マクロも作れるだろうなどと思われたら、私的に厳しいです(涙)。どうか管理人に難しいマクロの質問をするのは、引きつづき、ご遠慮下さい。

 では、さっそく、次のページから、基本をやっていきましょう!