基礎編で紹介したマクロと私の仕事用マクロ

 さて。いずみさんに頂いたマニュアルを私自身が読みくだく際にポイントになったのは、基礎編では以下の点。

 マクロを見るときは、「;」は「エンター」、「\」は「クリック」って読む!

 と、この2点。これだけでも、世の中にあるマクロが結構、解ってきます。


 以下では、「基礎編」で紹介してきたマクロのまとめと、補足。そしてそれらを応用した、私が実際に仕事で使っているマクロを載せてみました。これ以外のちょっと複雑なマクロは、表題ページの「マクロリンク集」をお役立て下さい。

本文中で例題に使ったマクロ

ラインを単発にする l;\\;
ラインを描いて半径30の円を描く l;\\;c;@;30;
水平垂直の放射線 _ray;\'ortho;on;\;ortho;off;
連続コピー ^C^C_select;\copy;p;;m;

 水平垂直放射線は、私は手入力で直行モードをON,OFFする方が楽なので、実務ではもっと単純な形で使っています。


管理人の実務用、水平垂直放射線 ^C^C_ortho;on;_ray;\\;

 また、連続コピーはそのままでは「アイコンをクリック後、選択」でないと効きません。そうではなく「オブジェクトを先に選択しておいてから、アイコンをクリックしてもOKにしたい」という場合、「^C^C_select;\」の部分を「^C^Cselect;$M=$(if,$(getvar,cmdactive),\)」にしてやると可能になります。(こちらも皐月さんに教えて頂きました。似たような形のものは使っていたんですが、皐月さんのものは どのマクロにくっつけてもキチンと動作するので、大感謝です。)

 今回はそれも踏まえて、本文中でも例題で紹介した青葉さんに作って頂いたマクロ、「コピー先でプロパティを変更マクロ」の、私による改良形一覧を紹介しておきたいと思います。全部、自分が実務で使っているものです。


管理人の”実務用コピーマクロ”一覧

実務用「コピー」マクロ一覧

連続コピー(2004以下で使用) ^C^Cselect;$M=$(if,$(getvar,cmdactive),\)copy;p;;m
プロパティ変更コピー ^C^Cselect;$M=$(if,$(getvar,cmdactive),\)_copy;p;;@;@;_move;p;;\\_change;p;;p;
コピー後、プロパティコピー ^C^Cselect;$M=$(if,$(getvar,cmdactive),\)_copy;P;;\\_matchprop;
コピー後、拡縮 ^C^Cselect;$M=$(if,$(getvar,cmdactive),\)_copy;P;;@;@;_move;P;;\\_scale;P;;@;
コピー後、回転 ^C^Cselect;$M=$(if,$(getvar,cmdactive),\)_copy;p;;@;@;_move;p;;\\_rotate;P;;@;

同様の「移動」マクロ一覧

プロパティ変更移動 ^C^Cselect;$M=$(if,$(getvar,cmdactive),\)_move;P;;\\_matchprop;
移動後、プロパティコピー ^C^Cselect;$M=$(if,$(getvar,cmdactive),\)_copy;P;;\\_matchprop;
移動後、拡縮 ^C^Cselect;$M=$(if,$(getvar,cmdactive),\)_move;P;;\\_scale;P;;@;
移動後、回転 ^C^Cselect;$M=$(if,$(getvar,cmdactive),\)_move;P;;\\_rotate;P;;@;

 「コピー後、回転」は、回転コピーと似ていますが、「基点」と「目的点」を別に選べるので、まさに「コピー先で回転したい」時用のマクロ。私は上記のマクロを、コピーと移動、それぞれを1つのツールバーにまとめて→フライアウトボタンにして使っています。


私が使っているマクロをまとめたセットも配布していますので、よかったらどうぞ。