ツールバーの中のアイコンを整理

 さて、前のページで”メインCUI内のツールバー自体は削除しない方がいい”と書きましたが、そのツールバーの中に入っているアイコン(コマンド)自体は、削除したり、自分の欲しいのがなかったら、下のコマンド一覧からもってきたりと、整理しないと使い勝手がよくならないので、それをやってみましょう。

 カスタマイズのボックスを開いたら、「カスタマイズ」のタブの中で、一番左上の小窓が「すべてのカスタマイズ」になっているはずですので、まずはここを、現在、使っているCUIファイルに変えます。

 自分でメニューロードで無理やりメインCUIを変えない限りは、通常、「メインCUIファイル(ault.cui)」を選んで下さい。


 メインCUIを選んだら、さっそく、その中のカスタマイズに入ります。今回はツールバーですが、まずはツールバーを増やしてみましょう。

 やり方は簡単。左図のように、ツールバーのツリーを開いて、そこで「新規作成」→「ツールバー」→Enterすればいいだけです。


 で、作ったツールバーには好きに名前をつけられるので、ここでは「ユーティリティ」と付けました。この新しいツールバーにアイコンを入れるには・・・

 ←図のように、下の「コマンド一覧」から、ツールバーに入れたいアイコンをドラックしてもってくればOKです。

 何かひとつ、アイコンを関連づけたら、後はドラッグして持ってきた時に、←な印が出た所で離してもOKです。

 ちなみに、ツールバーからアイコンを削除するには、ツールバーのツリーの上で、図のように削除すればいいだけです。

 あと、ツリーの中にある これは何かというと、 ツールバーでよく見る、 この仕切り線です。コピーして増やすことができます。ツリーの中で、各アイコンの並び順を変えるのも、ドラッグ移動させれば簡単に出来ます。

 設定し終わったら、 ボタンをお忘れなく。


その他のカスタマイズも同じ要領で出来ます

 例えばツールバーの下に「ショートカットメニュー」の項目があります

 ご覧のように、例えば「寸法」に関する項目なら、寸法オブジェクトを選択して「右クリック」した時に出ているショートカット一覧に対応しています。


 さらに細部、「寸法位置」を開けて入っているものは、↑上図の通り、対応しています。ツールバーにコマンドを足すのと同じ要領で、好きなコマンドを足したり削ったりできます。