ワークスペースの作り方・使い方

 2006になって、新たに追加された概念であるワークスペース。基本は前のページで述べた通りで、ワークスペースを使うと、メインCUI内のワークスペースに関連づけていないツールバーとメニューは表示されず、ワークスペースの設定のみが表示されるようになります。例えば・・・

 これはワークスペースに「画層」と「ワークスペース」のツールバーだけを設定して、適応した状態。もちろん、メインCUI内のツールバーは全部、そのまま残してあります。それでもこのようにワークスペースを使ってしまうと、ワークスペースに設定したものしか表示されません。

 ついでに同じCUI内で、もうひとつ、新しいワークスペースを作って、それに「標準」と「ワークスペース」のツールバーだけ設定し、適応してみました。

実際にワークスペースを設定してみましょう

 では、ワークスペースを実際に設定してみましょう。

 カスタマイズのボックスを開くと、デフォルトで「AutoCAD LT 規定値」というワークスペースが存在しているんですが、ここでは新しく自分用のワークスペースを作って使ってみます。新しいワークスペースの作り方は上図の通り。ワークスペースのツリーのあたりで、右クリック→「新規作成」→「ワークスペース」→Enterです。

 今回は新しく作ったワークスペースに「myワークスペース」と名前をつけました。で、このmyワークスペースをカスタマイズするには、反転させたところで、右側の窓の上にある「ワークスペースをカスタマイズ(C)」をクリックします。(ツールバーやコマンド一覧のように、いきなり右側の窓内でカスタマイズできる訳ではないので、注意)

 「ワークスペースをカスタマイズ(C)」をクリックしたところで、上図のように、必要なツールバーにチェックを入れれば、それがワークスペースに入ってきます。設定し終わったら「完了(D)」をクリックします。

 「myワークスペース」の中を設定し終わったら、これを「現在」に設定し、実際にインターフェイスに適応してみましょう。このカスタマイズのボックス上でその操作をするには左図の通り、「myワークスペース」上で右クリック→「現在に設定」→Enterです。

 ここまで終わったら、カスタマイズボックス自体のとクリックすれば、今、設定したワークスペースの状態にインターフェイスが変わります。

ワークスペースの扱い方

 AutoCAD上でワークスペースの切換えなどを行うには、ワークスペースのツールバーが出ていれば、左図のアイコンをクリック。出ていなければメニューの「ウィンドウ」→「ワークスペース」→「ワークスペース設定」で出来ます。

 で、ワークスペースを使う場合には、まずこのワークスペースの設定ボックスを出して、赤い下線で示した「ワークスペースに変更を保存しない」にチェックを入れておいた方がベターです。
 でないと・・・


 ワークスペースを使用していても、実は←の作業で、メインCUI内のその他のツールバーを呼び出せるんです。この際に上の作業をしておかないと、呼び出したツールバーが全部、ワークスペースの設定に入ってしまいます。せっかく設定してもめちゃくちゃになってしまいますので、「変更を保存しない」にチェックしておくことをオススメします。

 また、ワークスペースを切り替えるには、画層のプロパティ同様、ワークスペースのプロパティの小窓が出ていれば、そこで切り替えることもできます。もちろん、カスタマイズボックスを使ってもOKです。