上級編

 中級編で「異尺度図形はモデル空間で描く方がおススメ」と書きましたが、そうは言っても、取引先が”ペーパー空間で”と指定してくる事もあるでしょう。しかし二次元CADのオペレーターが最も嫌うのが、このペーパー空間です。モデル空間での作図に慣れきっているほど、ペーパー空間の考え方がすんなり頭に入ってこないからです。

 ペーパー空間だけは、AutoCADのヘルプを読んで理解することはかなり難しいのではないか?との印象を管理人は持っています。ここでもなるべく解りやすく説明したつもりですが、極めたい方はマニュアル本を購入してみるものいいかも知れません。

作ってみましょう、ビューポート

ペーパー空間基礎知識

まずはレイアウトの書式設定

ビューポート枠を作り、モデル空間を反映


応用編

ペーパー空間上のレイヤ設定

ビューポートを回転させる方法

図面の尺度を線の太さにも反映させて印刷