2008の表機能・エクセルの表をそのまま、AutoCAD上に書き出す!

 「ただ書き出す」んじゃありません!エクセルで作成した表をAutoCADの「表」として、図面上に そのまんま書き出すことが可能になりました!
今までみたいな”画像”とか”OLEオブジェクト”とか、そんななんちゃってじゃないんです!!

↓こんな感じ・・・。セルに数式入っていたって平気です。

やり方

 エクセルから上図のように表をもってくるには、普通に「表」のアイコンから実行できます。

で、「挿入オプション」に「データリンクから開始」というのがありますので、ここにチェックを入れ、図のアイコンをクリックします。

「データリンク」というのは、どのエクセルシート(あるいは範囲)とリンクするのかを記憶しておくものですが、扱いとしては「印刷」における「印刷スタイル」みたいなものです。

適当に任意の名前を付けて下さい。

していくと、ファイル選択の画面が出るので、呼び込みたいエクセルファイルを選んで下さい。複数のシートのあるエクセルデータでも大丈夫。

次に現れるボックスで、どのシートにするかを選ぶことができます。

シート全体でなく、「一部分」を指定する事もできます。(「例」の通り、セルで範囲を指定すればOK)

ちなみに、ここで ボタンをクリックすると、左図のようにボックスが「展開」し、色々、参照できる項目が出てくるんですが、ここはデフォルトのままで使用がオススメです!

エクセルのシートを選終わったら、ボタンで確定し、このボックスに戻って、更にをクリックすると・・・


作図空間に戻るので、任意の位置でクリックして下さい。

できました。後は大きさ等をお好きに直して下さい。

エクセルのデータを直したら?

エクセル上で、値や数式などのデータを更新した場合は、その表にリンクされているAtuoCAD上の表を選択→右クリック→表のデータリンクを更新、で、簡単に反映されます。

 AutoCADの表の方を先に直してしまった場合も、↑このようにエクセルの方へ更新を反映させられるんですが、どうも「セルごと」にしかできないみたいなので、ちょっと不便です。
データを直すときは、エクセル→AutoCADという更新の仕方の方がオススメです。

 次のページでは、表で使うフォント(字体)について、考察してみます。


NEXT

エクセルに図を貼り付ける

エクセルの表をAutoCADへ書き出す

ベクター以外の取り込み、書き出し