ちょっぴり親切技、図面をリサイズ(いらないレイヤを削除)

 「画層プロパティ管理」のボックスで、画層(レイヤ)を選択して「削除」ボタンを押しても、何故か画層が消えない!?? ・・・・そうなんです、それでは消えないんです。AutoCADは「使っている」レイヤは削除してくれません。オブジェクトを削除して空っぽ状態にしても、過去にそのレイヤで作業した事があると、やっかいにもそれを覚えていて「使っている」と判断しているようです。しかし、空っぽ状態にしてしまえば、「名前削除」というコマンドを使って、使用していないレイヤを削除する事ができます。そして、いらないレイヤを削除すれば、もちろんデータが軽くなります(特にDXFに変換した場合の差は歴然です)。

「名前削除」のやり方

 AutoCADの画面上にのアイコンがあれば、それをクリックして下さい。なければ下の「コマンド:   」と書いてある所の「:」の後ろに「purge」と打ち込み、Enterキーを押して下さい。

 すると「名前削除」のボックスが出てきます。

  • 「名前削除可能な項目を表示」をチェック
  • 「名前削除時にそれぞれの項目を確認」にチェック

 して頂きたいのですが、特に何もしなくても、デフォルトでそうなっているはずです。


 確認できたら「すべて名前を削除」ボタンをクリックします。クリックすると「本当に○○○を名前削除しますか?」と確認してきます。全部「すべてはい」を押して、大抵問題ないと思いますが(何せここで削除できるのは「使っていないもの」だけです。使用中のものは決して消えません)何でしたら残したいものは「いいえ」でスルーして下さい。「すべてはい」でなく、個別に「はい」を押して、消すものと消さないものを選ぶ事もできます。


 これで使っていないレイヤは消えます。ちなみに全部「すべてはい」を押すと、使っていない「寸法」や「文字」スタイルも消えます。

それでも消えないレイヤがある?!

 ここからはCADオペレーター向け説明ですので、事務職の貴方は上までの作業で充分かと思います。

 「名前削除」でも使っていないレイヤが消えないことがあります。「どう見たって何もないし、実際、範囲選択しても何も引っかかってこないのになぜ?!」

 実は、通常の「削除コマンド」→「範囲指定」では感知されない、見えないオブジェクトが残っているのです。

見えないオブジェクトを消し、使用していないレイヤを削除する

1. ツールバーから「画層プロパティ管理」のボックスを開く。
2. 消したいレイヤを「現在」にして(消したいレイヤが複数ある場合は、そのうちのどれかを「現在」に)それ以外のレイヤはすべてフリーズします。(注/フリーズのアイコン→ クリックすると「消燈」されたアイコンになり、フリーズできます)
3. 削除コマンドを実行(削除のアイコンを押すか、コマンドラインに「erase」を入力→Enter)
4. コマンドライン(下の「コマンド:   」)に「all」を入力→Enter
5. 「認知された数:」のところを確認して下さい。いくつかのオブジェクトが捕らえられたのが分かると思います。
6. 確認したら、もう一度「Enter」。捕らえられたオブジェクトが削除されます。
7. 再度「画層プロパティ管理」のボックスを開き、先ほどフリーズしたレイヤを開き、それらのどれかを「現在」に指定し直して下さい。(つまり残したいレイヤのどれかを「現在」に)
8. この状態で上の「名前削除」コマンドを実行してやれば、今度は消えなかったレイヤも消えるはずです。


ただし「0」と「Defpoints」はどんなことをしても消えません。「Defpoints」は寸法オブジェクトに関係するレイヤで寸法を作成すると自動生成させる画層です。使おうと思っても非常に扱いづらいですので、このレイヤは常に無視しておいた方が無難です。


 この作業で解るように、目に見えない、まるで幽霊のようなオブジェクトが画層にくっついている場合があります。これを消さない限り、「名前削除」でもレイヤを消すことはできません。この「幽霊オブジェクト」の正体は、多くの場合、「文字」を「削除」コマンドで消さないで「文字編集」でブランクにしてしまった、ブランク文字である、と考えられます。ブランク文字は、何故か通常の範囲指定では認知されず、「all」で全要素指定をした場合にだけ、引っかかってきます。

 今、使っているレイヤは、必ずフリーズしてから、「削除」→「全要素選択」を実行して欲しい、ということです。単に画層の「オン・オフ」では、all指定だと全部拾ってしまいます。フリーズが一番厳しい画層の閉じ方ですので、安全のため、必ずフリーズを使って下さい。


現在使っているレイヤの見えないオブジェクトを強制的に削除する(※後日追記)

 今、使っているレイヤにブランク文字があって気になる場合の消し方です。上よりむしろ簡単ですが、必要なオブジェクトまで消さないように注意して下さい。

1. 必ず、全てのレイヤをオンにし、必要なオブジェクトはすべて目で確認できる状態にしておいて下さい。
2. 削除コマンドを実行
3. コマンドラインで「all」を入力→Enterで、全てのオブジェクトを選択。
4. 「Shift」キーを押しながら、見えている全部のオブジェクトを範囲指定で引っ掛け、選択から外す。
5. それでもなお、選択されているオブジェクト数がコマンドラインで確認できるなら、それがブランク文字です。削除したければ、そのままEnterキーで実行します。


ブロックの元プロパティが災いして、レイヤが消えない場合もあり。

 このように、一見、「0」レイヤに存在しているように見えるブロックのオブジェクトですが

 「画層1」だけを表示してやっても(「0」レイヤを閉じても)この通り、ブロックの一部が見えています。

 ブロックにする前に、「画層1」で描いたラインを、そのままブロックにしてしまったのが原因なんですが、このような場合にも「名前削除」ではレイヤが消えません。

 残しておきたいレイヤ上で描いたラインで、ブロック定義し直す、分解してレイヤを変える、等の処理をしなければなりません。


印刷する

図面を送る

文字を直す