今ある寸法をコピーして使ってもOK (寸法を描き足す方法・2)

 やはり既に他に寸法が記入されている図面に、新たに寸法を書き足す場合の方法です。

 前のページと同じく、×印から×印間の寸法を○印の位置でそろえて書き足すとします。今回は元々、描かれている下の「580」の寸法をコピーして使ってみましょう。

 まずは下の寸法をコピーして、左図のように置きます。
 上の寸法を「選択」します。図のように、何もコマンドを実行していない状態で、ただオブジェクトを選択すると、青い小さな四角が何箇所かに付きます。この小さな四角をドラックすると、オブジェクトそのものが変形します。もちろんこの状態でオブジェクトスナップやトラッキングも使えるので、活用用途大の機能です。
 上の寸法補助線の端に出てきた青い四角を、正しい位置までドラッグしてきて、クリックします。それでもう正しく変形できてしまいます。
 できました。

他のファイルからのコピーの仕方