クイック選択

まず線の色を変えます

 今まで紹介してきたやり方では、太線と細線が同じ色で描かれていると、とても困る事になります。そういう場合は線の色をまず変えて、打ち出す線の太さごとに「同じ色」になるよう色分けしてやります。

線の色を変えるの自体は、とても簡単です。左の図を見て下さい。青い四角の出ているところ・・・赤のハッチングが今、「選択」されています。

 「選択」された状態で、ツールバーの小窓の「色」を、赤から緑にしてみます。

 緑に変わりました。

※またはオブジェクトプロパティボックスで、同じように「選択」してから「色」を変えるやり方もあります。

簡単「選択」方法(クイック選択)

 この「色変え」や「レイヤ変え」は、実際、現場ではかなり出てくる作業です。その度、一つづつオブジェクトを拾っていくのは面倒なので、もう少し簡単にできるやり方をご紹介しましょう。

 図面上の適当なところで「右クリック」します。すると左のような項目が出てきますから、「クイック選択」という項目を選択します。

 するとこのようなボックスが現れます。今、「赤い色のオブジェクト」を選択するとします。

「プロバティ」=色、「値」=「Red」を指定します。次に矢印の部分のアイコンに注目して下さい。このアイコンは印刷時の「窓」と同じです。


 作業図面に戻りますので、図のようにクリック、クリックで囲います。囲ったものが全て選択されている状態になりますが、気にしないで、さらに「右クリック」します。


 もう一度ボックスに戻りますので、戻ったら「OK」を押して下さい。

 「赤」いオブジェクトだけ選択されました。

 これで「選択」されていますので、色を変えるばかりではなく、もちろん、コピーや移動コマンドをかけることも可能です。


クイック選択の注意点

  • クイック選択において、「By Layer」はひとつの選択枝としてアリです。つまり、見た目に「赤」でも、「By Layer」で描かれていれば、上のような場合には引っかかってきません。逆に「By Layer」で指定して囲えば、赤かろうが青かろうが、「By Layer」で描かれたものはすべて引っかかってきます。ですので、オブジェクトの全てが「By Layer」で描かれているような図面だと、クイック選択ではお手上げです。
  • 上で紹介した「窓」で囲うことをせず、いきなり「OK」ボタンを押すと、全てのオブジェクトの中から、指定した要素をもつオブジェクトだけを「選択」、となります。
  • そしてこれはとても重要な事ですが、その”いきなり「OK」ボタン、全てのオブジェクトの中から選択”をやると、レイヤを閉じているものも「全て選択対象」になってしまいます!フリーズしていてもダメです。ここを気づかず、うっかり「消去」作業へ移ると、再起不能です。気をつけて下さい。(ですので管理人としては、窓選択を安全のためオススメします)
  • 上では「赤」色で指定しましたが、他にも画層や線種、円などで指定することができますので、色々、試してみて下さい。

「その色だけ選びたくない」、あるいは「2色」を指定したい場合

 クイック選択にも「等しくない」など、いくつかの演算子がついていますが、かなりなんちゃって機能なので(窓選択をすると上手く作動しないようです)、「その色だけ選びたくない」、あるいは「2色」を指定したいような場合には、「フィルター」という少し高度な機能を使うとよいでしょう。フィルターは文字スタイルや高さ、内容なども指定できるので、使う方によって色んな可能性があると思います。詳しくは「中級編」へ



他のファイルからのコピーの仕方