変形コマンドを使わない”簡単変形”

「変形」と言えばストレッジコマンドですが、AutoCADではオブジェクトを選択した状態で、簡単に変形できる機能があります。

図のような長方形があります。

 2辺を選択します。コマンドを実行せずに、ただオブジェクトを選択すると、図のように端点など、それぞれの要所に、印の四角が現れます。

 この四角をドラッグでぐっと引っ張ると、オブジェクトそのものが引っ張られ、変形します。


 例えばこんな風です。

 任意の点をクリックし位置を確定したら、Escキーでこの状態になります。

これを寸法の変形に応用する場合を「初級編」で紹介していますので、参照してみて下さい。



モデル空間で異尺度を描く

寸法、文字

レイヤ関係

その他、便利な方法

図形の”選択”を素早く!

トラッキング機能

ダイナミックブロック

その他