まずは基礎、「通常のブロック」について

 便利なダイナミックブロックも、通常のブロックが解っていないと理解するのが難しいかも知れません。なので、ここでは通常ブロックについて簡単に説明しておきましょう(通常ブロックをマスターされている方は、このページは飛ばして頂いても大丈夫です)。

通常のブロックについては、有料マニュアルの方で詳しく説明しているんですが、ごくポイントだけ説明すると・・・・

  • ブロックを作るアイコンは。呼び出すアイコンは
  • ブロックを作る際、その元々のオブジェクトのプロパティは「画層」は「0」で。その他は「By Block」がオススメ。

 なぜなら、ブロックに使う”元オブジェクト”とブロック呼出し時のプロパティの関係は以下の通りだからです。これを知らないと、呼出し後に色んな不思議な目に会います・・・。

登録時 呼び出時 その後の変更
画層「0」、その他「ByBlock」 全部「現在」のプロパティに変身 可能
<画層「0」、その他「ByLayer」 現在画層のプロパティに変身 画層を変えればその画層のプロパティに準じる。独自に「Green」にしたい・・・などはできない。
全部独自のプロパティ そのまま変らない 不可

 それから、ダイナミックブロックを使うにあたっては、もう一つ・・・
AutoCADのブロックは、他CADのようにブロックをハードディスクのどこかにまとめて貯めておくとかは出来ないので、 一つのDWGファイルにブロックを沢山、詰め込んで貯めて、そこからコピーペーストして使う。

 と、覚えておいて下さい。この、ブロックを沢山、詰め込んでおく親DWGファイルのことを「ブロックライブラリ」と言います。

 ※正確に言えば、AutoCADでもブロックをハードディスクの決めた場所に貯めることは出来るんですが、ダイナミックブロックを使うことを前提に考える場合には、そのやり方だと非常に不便になってしまうので、仮に上記のように押えておいて下さい。この件について興味のある方は、有料マニュアルのサンプルページをどうぞ。(無料で閲覧できます)

という、基礎を押えたところで、早速、ダイナミックブロックの作り方を見ていきましょう。





モデル空間で異尺度を描く

寸法、文字

レイヤ関係

その他、便利な方法

図形の”選択”を素早く!

トラッキング機能

ダイナミックブロック

その他