ストレッチ(変形)をプラスする

 
 例えば、左図のような「のり記号」をブロックにしている場合、足の部分を延ばしたり縮めたりして図面の法面幅に合わせます。なので、足の部分にストレッチ(変形)を掛けられるようにしたいですよね。
 その指定をダイナミックブロックを作ることでやってみましょう。



 まずは通常ブロックとして「のり記号」のブロックを作っておきます。 で、をクリックか、コマンドラインから「bedit」→Enterで、「ブロック定義を選択」というボックスが開くので、「のり記号」を選択します。OKすると上図のブロックエディタが開くので、このエディタで色々、オプションをつけていきます。今回は「パラメーターセット」にある「直線状ストレッチ」をプラスしてみましょう。

 まず、「直線状ストレッチ」のセットをクリックし、図の通り、ストレッチをかけたいオブジェクトを「基点」→「変形させる点」の順にクリックします。

 このエディタ上ではオブジェクトスナップが通常通り使えるので、端点のスナップを使って正確にクリックして下さい。

 印が出てきます。マウスを近づけると図のように「アクションに選択セットが指定されていません」と警告が出るので、選択セットを指定してやります。

 まず、出したパラメーターセットをクリックしてから→右クリックで、「アクション選択セット」→「新しい選択セット」と進んで下さい。


 で、コマンドラインに注目して下さい。「ストレッチ枠を指定して」とメッセージが出ていますね。

 なので、「もし、ストレッチ(変形)コマンドで選択するとしたら」な辺りを左図のように囲って下さい。
 すると、コマンドラインにさらに「オブジェクトを選択」とメッセージが出てきます。


 変形をかけるオブジェクトを選択し、右クリックで確定すれば・・・・


 印が消えます。これで完了です。

 出来上がったら、上書き保存(状況に応じて別に名前を付けて保存でももちろんOK)してブロックエディタを閉じます。


 作図画面に戻って、早速、のり記号の足を変形してみましょう。ブロックを選択すると、さっきブロックエディタ上で見た印が出ますので、その印をクリックし、ドラッグ移動させるとご覧のように変形します。
 任意の長さでクリック→確定してもいいですし、コマンドラインから距離を打込み→Enterすれば、正確な長さで変形させることも可能です。

 ちなみにストレッチのパラメーターセットには「ペア」というのがあり、これで図のように上下それぞれにストレッチ枠を指定すれば、上下両方へ変形が掛けられるブロックになります。

パラメータやアクションを消去するには?

 これは簡単です。ブロックエディタ上でパラメーターやアクションを選択してDelキーで消去すればいいだけです。

モデル空間で異尺度を描く

寸法、文字

レイヤ関係

その他、便利な方法

図形の”選択”を素早く!

トラッキング機能

ダイナミックブロック

その他