コマンドラインに「または」と出てきたら・・・

 AutoCADの操作をマスターする上では、このコマンドラインに「または」と出てきた場合に留意する事は非常に重要ですので、再度、確認しましょう。


コマンドラインというのは、インターフェイス上で、下の方にある
←この部分です。


AutoCADでは、このコマンドラインに、「または[○×(△)]:  」というメッセージが出てきたら、(△)に当たるアルファベットを入力することで○×の機能を使うことができるようになっています。

 なので、各コマンド内で「こういう風に動かないのかな〜、不便だな」と感じたら、まずはコマンドラインを確認してみて下さい。この「または」の中にお探しの機能がまぎれている場合は、案外、多いです。


でも”使えない”コピーでの「または」

 コマンドラインに出てくるまたはで、一番、目につくのはコピーと移動での「または」だと思います。この2つのコマンドは使用頻度が高いので、そのまま、「よく”または”を見かける場合」TOPであると思います。

 ところが、残念ながら、このコピーと移動の「または」だけは「なんでそんな機能をわざわざ付随させたんだ?!」と思ってしまう、使えない機能なんです・・・

コピーで説明しましょう。このように「オブジェクト」を選択し終わると「または」と出てきます。

”または[移動距離(D)]”ですから、「D」を入力すれば「移動距離」というオプションが使える、ということなんですが・・・


 実際にやってみるとこんな事↑。「コピーの基点を強制的に原点0,0に設定しますから、後は「移動距離」の入力だけでコピーができますよ」という・・・・

 これでは、コピーしたいオブジェクトが原点から離れている場合には、マウスの動きを目で確認できなくなりますし、トラッキングなども非常に使いづらいので、やってみると「使えない」感だけが残るオプションです。

 でも!AutoCADでこれほど使えない「または」がついているのは、このコピーと移動くらいですので、他のコマンドで見かけたら、ぜひ使ってみて下さいね!