呼び出したブロックの修正

 呼び出したブロックは、普通のオブジェクトと同じように、コピー、移動、尺度変更等できますが、変形(ストレッチ)は通常、かけられません。そこでどうするか・・・というのが、姉サイト関連事項がありますので、どうぞ。

 また、上位版とLT2007以上で使える”ダイナミックブロック”を使えば、ダイナミックブロックの機能で変形を効かせる事もできます。ダイナミックブロックはAutoCADのブロックを新しい次元に変えるくらいの、画期的な機能です。ここで基本のブロックをマスターされたら、姉サイトのダイナミックブロックの記述もぜひ、一度、ご覧頂ければ嬉しいです。

ダイナミックブロックの記述はこちらから


 また、本文中でも説明しましたように、ブロックのプロパティの変更については、元々のオブジェクトが、画層「0」、その他「ByBlock」で描かれているものでないとできませんので、ご注意下さい。

 ブロックに関しては、このマニュアル内にも関連記述がありますので、ご参考までにどうぞ。ディバイダやメジャーでブロックを使うと面白いですよ。>>Click


>>NEXT