WBLOCKを使い、ブロックをDWGファイルとしてためていく

 パターン1のやり方ですね。私自身はこのやり方が一番、わかりやすくて好きなんですが、姉サイトで紹介しているダイナミックブロックというものを使いたいなら、こちらではなくて、次のページからの”ブロックライブラリ方式”がお勧めです。
(ダイナミックブロックは、まずは基本のブロックがわかっていなければ作成できませんので、こちらをマスター後、ご覧下さい>>Click


 このやり方では、自分で、ブロックとして使うDWGファイルの保存場所を決めなければなりませんが、それはホントにどこでもいいです。分かりやすいように「block」とでも名前をつけた空フォルダを作成し、そこにためていくようにしましょう。

 このやり方でも、今、図面に描かれている任意のオブジェクトをブロックにできるんですが、その際、前のページでのやり方とは別のコマンドを使って、ブロックにするのと同時にオブジェクトを別の小さなDWGファイルとして書き出し、保存していきます。その際、元オブジェクトのプロパティをどうしておくか・・・は、前のページのコマンドと同じですので、お気をつけ下さい。

”部品”として使うため、DWGファイルとして書き出す

 今度はこんな平面図用のドアをブロックにしてみましょう。

このやり方では、まずコマンドラインで「wblock」と入力→Enterキーで実行、します。前のやり方は「block」。今回のは「wblock」なので、注意です。

 実行すると下図のようなボックスが出てきます。


「基点」と「オブジェクト」の選択方法に関しては、前のページのやり方と同じです。違うところは

一番上にあるここ。ブロックとしてDWGをためる為に使うなら「オブジェクト」にチェックが入っている状態でOKです。

ここで「図面全体」を選ぶと、その図面が丸まま、書き出されます。いわば図面ファイルのコピーが作られるようなものです(ブロックとしての使い道は「?」ですが、バグでファイルを閉じることが出来なくなってしまった時、等々に使えます!)


「ん?ブロックの名前を付けるところがないんだけど?」・・・それは書き出されるDWGファイルの保存場所を指定するのと一緒に付けるので、ここのボックス上にはないんです。「書き出し先」の「ファイル名とパス」の小窓の右にあるボタンをクリックしてみましょう。

 「保存先」を指定できるボックスが出ますから、普通に図面を保存するときの要領で「保存先」を指定し、名前をつけて、「保存」ボタンをクリックします。

 「保存」ボタンをクリックするとWBLOCKのボックスに戻ってきますから、全部、設定が終わっていれば ボタンをクリックして下さい。

 一瞬、ヒュ〜ッと、左図の「書き出しプレビュー」が図面上でロードされ書き出し完了です。

 これで、指定した保存先に平面図用ドアがDWGファイルとして保存され、元オブジェクトもブロック化されます。


DWGファイルをブロックとして呼び出す

 保存したDWGファイルをどうやって、図面上にブロックとして読み込んでくるか・・・は、実は前のページの「ブロック定義を呼び出す」やり方とまったく同じです。使うアイコンも、 で、ホントに同一コマンドで出来るんです。

 唯一、DWGファイルをブロックとして呼び出す際には、ブロック名を選ぶ際に「参照」ボタンをクリックして、DWGファイルを指定すればいいだけです。

>>NEXT