画層を使う

 画層(またはレイヤ)は、CADを使う上ではとても大事な概念のひとつです。もちろん、AutoCADと限らず、それなりのお値段のCADには、必ず、この”画層”機能はついています。

 どんなものかと言うと、こんな風に寸法なら「寸法」を、文字なら「文字」を、そして構造物は「構造物」で、それぞれ、違う層に描いておく手法です。CADはこれまでやってきてわかる通り、別に紙じゃないですから、この状態でも下の層に描いた物が見えないと言うことはありません。オブジェクトがあるところ以外は何にもない空間ですから、オブジェクト同士が重ならない限りは下の層の物も丸見えです(で、結果、左図のようにちゃんと見える訳です)。


で、一体何が便利なの?

 作成するオブジェクトを画層に振り分けておくと、その画層自体「表示しない」とか「印刷しない」とか「その画層のオブジェクトは選択しない」などの命令を、画層の設定で出来ますので、オブジェクトの選択がより、容易になるので便利です。

 上の例で、実際の画層管理のボックスをちょっと見てみましょう。


 画層管理は、←の部分から入れます。

 「画層管理」のアイコンをクリックすると、画層の名前と、その画層に割り当てられている色などが一覧で表示されます。上の例なら、「MAIN」という名前の画層に構造物を描いていますが、ここのボックス上では「どの画層にどれを描いているのか」が即座に確認できなくて、それにはまた、←この別のアイコンを使わなければならないのが、ちょっと不便なところです・・・。

 まぁ、それはともかく、ご覧の通り、画層には好きな名前や色を割り当てることができます。次のページでは、実際にどうやって画層を作るのか、作った画層上にオブジェクトを描くにはどうしたらいいかをやってみましょう。


>>NEXT