ここでは「異尺度設定」を使わない普通の文字について説明しております。異尺度オブジェクトの説明は、別にこちら のページでしておりますが、その場合にもこちらの設定が基礎となりますので、できれば一通り目をお通し下さい。


文字を書くには?

 CADは本来、文字を書くソフトではないので、どんなCADでもワープロソフトに比べれば、文字の設定などは多少めんどうです。
 なのでもし、貴方が今、お仕事でCADをお使いなら、文字を書くのには新規に自分で作るよりは、他の図面にある文字をコピーしてきて、それを修正する方がよっぽど簡単、手っ取り早いです。(超・カンタン、文字の直し方は姉サイトでどうぞ )

 それでも、新規の書き方をまったく知らないというのも、CADを使っていく上で心もとないと思いますので、設定の仕方と書き方を、ごく簡単にまとめてみました。実は文字に関しては、AutoCAD自身のヘルプがかなり分かりやすい(めずらしいことに)ので、そちらをご覧頂いても、皆様、充分、理解できるかと思います。下記は参考までにどうぞ。


AutoCADで日本語を表記するには

 もともとがアメリカで開発されたAutoCADでは、日本語はタダでは出てきません。でも日本語を出すための設定はとっても簡単。下記の手順で”日本語を表記できる文字スタイルを作り、それを文字を書くコマンドの中で使用すればOKです。
 そう、下の作業は文字を書くことそのものではなく、その文字コマンドの中で使う要素を作ることなので、文字スタイルには何かご自分で分かりやすいように名前を付けておくといいですよ(デフォルトのStandardのままでも悪くはないですが・・・)。

 「形式」→「文字スタイル管理」へ進みます。

 こんなボックスが出ます。各箇所の機能はご覧の通りです。
「高さ」は、後で文字コマンド上で設定する方が便利なので、ここでは「0」のままが使いやすいでしょう。


日本語を表示される2通りの方法

OR


 ビックフォントを使用にチェックを入れるか、そこはノーチェックのまま、MSゴシックなど、Windowsで見慣れたフォントを選ぶか、どちらかで日本語が表記できるようになります。

 MSゴシックなど、「ビッグフォントを使用」にチェックを入れなくても日本語を表記できるフォントのことを、「True Typeフォント」と言います。これらを使用すると作業中のズームがやたら遅くなるので注意です。また、ペンプロッタを使う場合は論外です(使用してはいけません。実際、打ち出したら泣きをみます・・・興味のある方はお試し下さい(笑))。


文字スタイル設定、例

 私が実際に仕事で使っている文字スタイル設定を、2例、あげておきましょう。


通常の文字用


寸法文字用


 のところは、ここで何を選ぶかで、表示できる日本語の数に差が出てきます。2005以上のバージョンの方には、断然、図の「extfont2」がオススメ!2004以前の方なら「extfont」がお勧めです。


全部設定し終わったら・・・

スタイル名もつけて、全部、設定し終わったら ボタンはお忘れなく!


>>NEXT

AutoCADの文字設定