円の描き方、色々

 円の描き方の基本は「学習を始める前に・・・」でやったように

これが基本です。

 ここまで学習を進めてきた皆さんなら、もうこのコマンドで「決まった大きさの円を描く方法」も解りますね。Bでマウスで半径の大きさを任意の位置に指定しないで、コマンドライン(キーボード)から「半径の大きさ」を数値入力すればOKです。

 こんな具合ですね。

 ダイナミック入力ON画面で言えばこう、です。

 ちなみに円ですから・・・直行モードにしてなくてもOKです。(どんな角度でも半径の長さは同じ)

 AutoCADではこの基本の描き方以外にも、いくつか円を描く方法が用意されています。でも何故か、アイコンから入ると・・・・

オプションはこれしか表示されず解りづらいので

 こんな風にメニューバーから入るのがGoodです。


中心・直径

 上の「中心・半径」で描く基本の描き方とほとんど変りません。直径で指定するので、マウスで指定する場合は、図のように、カーソルの位置が、円の軌跡のちょうど倍の所にきます。

直径で指定する描き方は、アイコンから入っても途中で「または[直径(D)]: 」で分岐できるので、その描き方の方が実際には多く使いますね。



接点、接点、半径

 このように、接するオブジェクトを2本、選んでから半径を数値入力します。

 「接点」のオブジェクトスナップは、このコマンドを選んだ時点で自動で入っています(で、コマンドが終われば自動解除されます)。


 この通り、2本の線に接する、指定した半径の円が描けます。


接点、接点、接点

 このように、接する3つのオブジェクトを指定するので

 問答無用でその3つのオブジェクトに接する円が描けます。半径を指定する必要はありません。(どうせその条件を満たす円の半径はひとつしか有り得ないので)

 ちなみに、「その3つに接する円は物理的に不可能」という(例/平行線が混じってるとか)オブジェクトを指定した場合は「2D 点が無効です」と、「できる訳ないべ」というメッセージが返ってきます・・・・。


2点

 あまり使わない描き方ですが、「ここと、ここの2点を通る円を描いて」と指定するやり方です。実際には2点は向かい合う四半円点で指定されるので、直径の大きさを指定するのと同じ結果になります。

 ちなみに四半円点とは、図のピンクの点の位置がそれで、円を水平、垂直に割る4点のことです・・・・


3点

 2点同様、こちらもあまり使わないです。このように、「円が通過する3点」を指定するやり方です。

>>NEXT


円と円弧