とっても便利!!「基点設定」

 さて、前のページで書きましたように、こういうコピーをしようとしても・・・

 フツーにやるとこうなってしまいます。

 これを回避するには、「基点」を普通に取った後、終点を指定する前に「ちょっと待って、終点はここからここまで移動させて」という動きを割り込ませて、「それから決定」すればいいですよね?

 その「ちょっと待って、その前にここからここまで移動」コマンドは、各種あるんですが、その中でも一番、単純簡単な「基点設定」というのを以下ではやってみましょう。


コピーの途中で「基点設定」を使う

 まず「基点設定」を使う場合には、コピーに入る前に・・・

「直交モード」はONにしておいて下さい。(他の「ちょっと待て、ここから〜」コマンドと違って、こればっかりは自動で直交モードが入りません)

 直交モードONにするにはキーです。


ではやってみましょう

 まず、コピーコマンドに入って、コピーしたいオブジェクトを選択→コピーの基点をクリックで指定、までは普通にやります。

この場合は、きちんと「端点」のオブジェクトスナップで基点を指定して下さい。


 で、終点を指定する前に + 「右クリック」→「基点設定」へ進みます。

 「ここから」の点を「端点」のオブジェクトスナップを使って指定し

 移動したい方向へ、マウスを動かし、コマンドラインから「距離」を入力→Enterキー

  で、「ここまで」and「コピーの終点はここ」の指定は同時にOKですが

 コピーコマンドは放っておくと延々、続くので、必要なければ「右クリック」→「Enter」で終了処理をします。

 できました。

 後は同じ要領で、←を完成してみて下さい。

他にもあります「ここからここまで」コマンド

 上記の基点設定の他にも、「ちょっと待て、ここからここまで移動」コマンドは多々あります。特に「基点設定はたまに不思議な動きをするからイヤ」と思われた方には、AutoCADのここからここまでコマンドの中でも、”原型”と言える「トラッキング」がオススメです。
 ・・・基点設定の不思議な動きって・・・直交モードをONにしているのに効かなかったり・・・とかですね。ごくたま〜にしかないんですけど、私は結構、この手の不思議にはイラつくので、より、お約束通りに動いてくれるトラッキングの方の愛用者です。


>>NEXT