この際、極めよう!部分削除

 ポリライン編集の「分割(B)」というものは、ある頂点間でポリラインを部分的に削除するコマンドです。まずはご覧下さい。

 先ほどは「頂点編集」で「挿入(I)」を選んだんですが、今回は「分割(B)」です。

 で、まず、今の頂点で、一回、Enterそれで印が次の頂点に移りますので、移ったら「実行」の「g」→Enter、です。

 ←それでこのように、最初の頂点と、次に移動させて「g」→Enterで実行させた頂点との間のポリラインが削除されます。

 ・・・最初にこのオプションをやってみた時は、がっくり力抜けました(笑)。何故なら、こんな小面倒な技を使わなくても、AutoCADには「部分削除」という独立したコマンドが、ちゃんとあるんです。なので、同じことをするならそっちでやった方がよっぽど便利です。


部分削除をやってみましょう

 と、いうことで、いい機会ですので、この際、部分削除もマスターしましょう。部分削除は、基本的には”クリックで指定した2点間”を削除するコマンドです。さっそく、基本のやり方を見ていきましょう。

 単純に、こんなラインを部分的に削除してみましょう。

部分削除のアイコンは です。アイコンをクリックしたら、部分削除したいオブジェクトをクリックします。

※ 部分削除は、ひとつのオブジェクトに対し、一箇所、切る、というコマンドなので、ワンオブジェクトしか選択できないですから、ワンクリックでOKです。(他のコマンドのように右クリックで確定しなくてOKです)


 オブジェクトを選択したら、次に「1点目(F)」の「f」を入力し→Enterキーで実行して下さい。これをしないと、オブジェクトを選択するためにクリックした点が、削除の一点目にカウントされてしまうので、非常に使いづらいんです。

 上の処理で、削除の一点目から改めて指定できるようになりますので、後は、削除したいのは「ここからここまで」と、クリック、クリックで指定します。

するとご覧の通り、クリックした間が削除されます。

点で部分削除

 部分削除には、非常によく似たコマンドに「点で部分削除」というのがあります。これは”よく似たコマンド”と言うよりは、正確には「部分削除の機能を利用したオプション」という方が、成り立ちとしては正しいんですが、ちゃんと別にアイコンが用意されています。

 「部分削除」と「点で部分削除」とは、コマンドラインで打ち込むなら同じ「break」で、そのままでは普通の部分削除しか出来ませんので、アイコンで区別するのが便利です。
 「点で部分削除」のアイコンは ですので、もし、インターフェイス上に出ていない、という場合は、ご自分で引っ張り出してご使用下さい(やり方は姉サイトから)。

 ・・・ちなみに、このコマンド、私自身は、その使い方の感触から「一点分割」といつも心の中で呼んでいます。(そう言った方が正しいコマンドです)

 例えば上のような線分を、白い線で分割し、片方だけ、移動させたい・・・そんな時、トリムや移動を使ってやると、かなり手間です(まず、コピーで同じ線分を作り、それぞれトリムし、さらに移動で希望の位置へ動かす・・・)。

 こんな場合、ぜひ「点で部分削除」を使いましょう。


 まず、 のアイコンをクリックし、部分削除と同じように、削除したいオブジェクトをワンクリックで選択します。

 その次に、ここから分割したいという、境界の直線と交わる部分を交点でクリックすると・・・・

 一発、分割完了です。あとは必要なら移動で動かすだけです。

でも、境界の直線ナシでは違う動き!

 これはオブジェクトスナップを使った場合に起こります。
 同じことを、図ように、「近接点」のオブジェクトスナップを使って、境界線なしでクリックしてみましょう。すると・・・

 何とこうなってしまいます。

 実際には境界線なしで使用しなければならない場面はほとんどないです。

ポリラインの詳細と修正