CADの醍醐味、「変形」

 選択したオブジェクトをびよーんと伸ばしたり縮めたりするコマンドが「変形」です。このコマンドを使う時が、私は一番、CADの有り難みを感じますね。手書きでは絶対に有り得ない機能なので、まさにCAD独特の作図方法を実感できるコマンドです。


変形の基本操作

 とっても便利な「変形」コマンド。他のCADにもモチロン付いている、”CADの基本機能”ですが、AutoCADの場合、初心者の方はここでつまづかれる事は多いようです。そこで、姉サイトの方でも変形の操作方法は紹介しているんですが、下図はそれに多少、説明を付け足した物を用いました。もしこれでもピンとこなければ、姉サイトで原文の方も確認してみて下さい。

 変形のアイコンは です。

 をクリックしたら、変形させたいオブジェクトを図のように右→左へ囲う交差選択で囲います。


変形のポイントはここだけです。初心者がつまづくと言っても、実はつまづき所は案外、ここだけなので、これさえ覚えておけば簡単です。

 で、後は変形させたい方向へマウスをクリック→クリックで引っ張ると、このようになります。
 選択時に丸々かこった部分(赤い丸でかこった部分)は移動に、半端に引っ掛けた部分はぐーっと伸びて変形します。

もし、逆に左から右へ囲ってしまった場合は、図のように単なる移動になってしまい、何事も起こりません。

「いくら変形させるか」を指定するには?

 では、実際に図のような四角形を右へ500伸ばして、「1000×500」の長方形にしたい場合の変形ですが・・・

 このように、普通に直交モードONで直接距離入力でもいいですし

 変形コマンドには「移動距離(D)」というオプションがついているので、それを使ってもできます。

 ただし、この場合、<  >内の「現在モード」が<移動距離>に既になっていたとしても、必ず、新たに「d」を打ち込んで、指定して下さい!


 で、←このような表記に切り替わってから、変形させたい「X,Y,Z」値を入力します。

 どちらを使っても、このように出来上がります。

斜めのオブジェクトには要注意!!

 まぁ、そんな難しいことではないんですけど、図のように、斜めになっているオブジェクトを変形させた場合、当然、線の角度も変るし、線同士の間の幅も変ってしまいます。これを忘れて、うっかりどんどん変形すると、後が大変ですので、気をつけましょう。


>>NEXT