直線を引いてみましょう

決まった長さと角度で線を引く」となるとちゃんとした操作方法を知る必要がありますが、せっかく立ち上げたんですから、ここではそういう難しいことは置いておいて、取り合えず、自由に直線を引いてみましょう。


カーソル

←まずAutoCADにおけるカーソルはこれです
(先ほど、画面を黒くしたところでも、マウスを動かすと←のような印が一緒に動いてきていましたね)

 まぁ、上のカーソルは作図エリアでだけのカーソルでして、他の部分(→図参照)へもっていくと、普通のワープロソフトと同じ形状のカーソルに変わります。

 試しに作業画面の外に出してみて下さい。 こんな形に変わりますね。このカーソルを好きなアイコンの上に持っていってクリックすると、そのアイコンの機能を使うことができるのはエクセルやワードと同じです。


線を引く

 では、「線分」のアイコンをクリックし、線を引いてみましょう。

「線分」は←このアイコンです(AutoCADを立ち上げたばかりの状態なら、左端の上の方にあるはずです)。クリックしたら、もう線が引けますよ。

線を引く

1.をクリック

2.黒い作業画面の適当な所でクリック

3.もう一点、適当な所でクリック

 そう、これだけです。線が引けましたよね?さて、ここでマウスをぐるぐると動かしてみて下さい。

 新しいラインがマウスの動きにくっついてきていますね?再度、クリックすれば、好きな位置でどんどん、ラインを引いていくことができるので、適当にやってみて下さい。

 要領を飲み込めたら、「線分」(Line)コマンドを終了してみましょう。


線を引くコマンドを終了する

4.右クリック

5.右クリックすると、図のような小ボックスが現れますので、一番上の「Enter」を反転させ(マウスを持っていくと、色が反転します)クリック。

終了の仕方にはキーを押して終了する方法もあります。


ここは非常に重要ですが、このでコマンドを終了できるのは、このライン(線分)コマンドのような、「”終わって”とこちらが命令しなければ、延々と続いてしまうコマンド」の場合のみです。次にやる「円」のような単発コマンドではEscキーでは、それまでやった作業ごとクリアされてしまいますので注意して下さい。・・・まぁ、これは重要とは言え、覚えていなくても実際にはAutoCADの作業で2、3回、失敗すれば自然に身につきます。

 この「終わってと言わなければ、延々と続くコマンド」のことを「連続コマンド」と言います。


ちなみに・・・・

 先ほどのところで、マウスで適当な位置をクリックするのではなく、キーボードから数値を入力すれば、それで正しい長さの線が描けるようになっています。

 これはまた後で詳しくやりますので、ここではそれよりもう一つ、色つきの線を引く方法を・・・

 ご覧のように、さっきと同じ手順で線を引きましたが今度は赤いラインが描かれていますね。ピンクで囲った部分に注目して頂きたいんですが、ここで好きな色を選んでから線を引くと、その色の線を引くことができるんです。

 色を選ぶやり方はこれも簡単。「色」の小窓の右横の小さい逆三角をクリックし、図の手順の通りでOKです。



 線を引く要領はお解かり頂けましたか?

 ついでですから、円も描いてみましょう。円も大きさを決めて描くには色々、小面倒なことが出てきますが、自由に書いてみるだけなら、直線より簡単です。

>>NEXT


学習を始める、その前に