エッジの延長線上でトリムや延長を使いたい

 「EDGEMODE」は先に紹介しました「MIRRTEXT」と並んで、AutoCADの超メジャー・システム変数なので、ご存知の方も多いかとは思います。

 例えば、「延長」コマンドで、このように「実際にエッジになるオブジェクトが描かれている所でしか延長できない」のって、不便ですよね?上の水色の線だって、延長できれば便利です。

 それを可能にするのが、「EDGEMODE」です。やり方は簡単。左のようにコマンドラインに「edgemode」と打ち込み、実行。そして「新しい値」として「1」を入力してやるだけです。

 上の作業をしてから「延長」コマンドを実行すると、このように「エッジの延長線上」までラインが伸びます。

 この「EDGEMODE」は「トリム」にも有効です。

 一旦、設定すると、やはり同じ作業をして「値」を「0」に戻さない限り、その図面ファイルでは有効です。