他CADで設定されている文字の”書式”を直す

 表題の通り、他CADで作成された図面をいじっていると、突然、文字がギュギュッと一箇所に寄ってしまい、重なり合って直らない事があります。これはAutoCADでは設定できない書式が文字に当てられいる事が原因です。私はホントにフツーにズームアップして、ビューを戻したらもうそんな事に・・・という目に合いましたが、マルチテキストを分解して普通の文字にしたりと、ある特定の作業のはずみで起こる場合もあるようです。

 この現象について、この”他CADの文字書式”が原因であることを確かめるには、オブジェクトプロパティで確認し「\T」字が文字列に混じっていればそうです(他にどんな文字が混じっていればそうかは、ヘルプで「書式コード」参照)。

 ですので、後はそのホントの文字列に関係ない、余分な文字を消してしまえばいいんですが、AutoCADの文字編集機能では上手く編集することができない場合があります。

 そこで、「外部テキストエディタ」をいうものを読み込んでやって修正することになります。外部テキストエディタは、例えば「AutoCAD テキスト エディタ」などで検索すればネット上で見つけることができます。DLしてくると、インストール時にそのまま、AutoCADのエディタを乗っ取ってしまうタイプのものもありますが、自分でAutoCADに読み込むタイプのものは、やり方は以下の通りです。

外部テキストエディタのON,OFF

外部テキストエディタを使う

  • コマンドライン上で「mtexted」と入力し→Enter
  • その外部エディタの名前を入力し→Enter
  • 外部エディタにしたところで、上記の他CADで設定された書式を編集できるようになります。直したい文字を選択してみて下さい。

エディタを元のAutoCADのものに戻したい場合

  • コマンドライン上で「metexted」と入力し→Enter
  • 「internal」と打ち込み→Enter

 外部エディタは色々、便利なものがありますので、一度、検索されてみると面白いですよ。